ミニのワッペンは真ん中の黒い部分が割れて禿げてしまいます。

これを取り替えるには、ワッペンを剥がさなくってはいけません。

二本のピンを押し上げる。

ワッペンは両面テープでばっちり付いているので裏からヘラを使って二本のピンを押し上げます。

 

AF8DD5B9-C45A-4D05-B2FC-FC4AEDB48802

 

泥汚れがすごい

長年ついた泥汚れは長時間にわたり赤となって付着します。また両面テープのカスが張り付いているので同時に剥がさなくてはなりません。

 

26E1C717-0BEE-4728-A003-B0194B953B3C

ボディーを磨きます。

赤のついた部分をコンパウンドを付けて徹底的に磨きます。

 

E372F860-84C3-4A28-932C-F4FF6B45FB77

コーティングをしてワッペンを取り付けます。

ツルツルになったボディーに新品のワッペンを取り付けます。

新車のようなイメージになりました。

 

2BAE787F-A053-4B2D-ABEE-400DAA641382

ワッペン一つでこんなに変わります!!

 

5BC1EE51-B0C9-4324-92DA-5CF9229FE07E

 

 

8A1D234E-2041-460C-AAD2-D2DB990EA9FA

 

 

4A3E3C77-FF83-4701-B96A-C084D04C77F5